どうしても売掛金を回収することが難しい場合は、弁護士に相談しましょう。できる部分までは自分で解決したい、費用をあまりかけたくない、そう思われる経営者の方のお気持ちも分かりますが、程度によってはやはり、弁護士に相談した方が迅速に、簡単に解決する可能性が高くなります。弁護士を通すメリットとは、やはり弁護士を通すことによって、訴訟も辞さない覚悟であること、本気であること等、こちらの姿勢をアピールすることができますし、相手の出方も変わってくる場合もあります。一度甘い顔を見せると相手先はつけあがりますので、厳しく、第三者を立てることが有効な回収法となります。

あまり未回収を長引かせると、相手先が倒産して、全く回収ができずに自社の経営にも影響を与えることにもなりかねません。また、売掛金には有効期限が設けられています。ずるずると放おっておくと、いざ回収となった時に期限が消滅していたという事態に陥るかもしれませんので、売掛金回収ができていない相手先、未回収額等、きちんと管理しておきましょう。売掛金回収ができていないと、事業者が売上を得ることができず、健全な経営に支障が出てしまいます。深刻な事態になる前に、売掛金管理の見直しをしてみることをお勧めします。