売掛金回収の漏れが生じる原因として、経営者、あるいは財務管理担当者が、各取引先の情報を把握していないことが挙げられます。いつまでに、いくらの代金を支払ってもらうのか、すぐにわかる状態ではない為に、請求や催促が遅れ、相手に付け入る隙を与えてしまいます。これらは経営者側にも問題があり、商売とは、売掛金回収が終了するまでが商売であり仕事であるという認識不足によって、引き起こされる現象と言ってよいでしょう。

まずは各取引先の情報、経営状況の把握をする為に、個々に台帳管理をするようにしましょう。信用調査をして、与信枠の設定をします。つまり、取引の限度額の設定の取り決めを行うことによって、支払い不能な取引は最初から行われない為、回収漏れの防止に繋がります。この信用調査は定期的に行い、都度取引に反映させるようにしましょう。

また、パソコンに会計ソフトを入れて売掛金の管理ができるようにしましょう。ぱっと見てわかるようにしておけば、遅れがちな取引先には前もって知らせることができますし、遅れた取引先には今後の取引について注意することができます。売掛金回収予防に大事なことは、いかに状況を把握できているかがポイントになります。