取引相手からの入金が滞っている、期日を過ぎても支払う意志が感じられない等の売掛金回収ができていない、いわゆる「ツケ」が溜まっている取引相手は、商売をしていれば、どこの会社でも必ず存在します。売掛金とは、掛取引(商品やサービスの提供の対価をその場で払わず後日請求をして支払いを受ける取引のこと)において、販売した商品や製品に対する債権(支払いを受ける権利)のことを意味しています。

売掛金回収の回収はどこの会社も財務管理において大きな課題ではありますが、自身で解決するには難しい点も多々あります。まず支払いが遅れる理由としては、付き合いが長くなり過ぎて、取引相手に甘く見られている、見くびられているということが根本にあります。そのような相手では、こちらから電話やメールで催促をしても逆に難癖をつけられてしまうこともあります。その場合は、やはり専門家である弁護士に相談されると良いでしょう。

素人が自身で対応しようとすると、時間や労力ばかりを費やし、結果何も変わらないという可能性もありますが、弁護士は知識も豊富で、売掛金回収のポイントを心得ています。ここは少しの費用をかけてでも、回収に向けて適切な対応の為に、まずは弁護士に相談されることをお勧めします。専門家として、どんな取引相手でも出方を見ながら、効果的な方法やポイントを提示してくれることでしょう。その前に、まずは売掛金回収の漏れ防止対策を考えてみましょう。