売掛金回収のポイントを弁護士に相談

知識豊富な弁護士に相談

売掛金の迅速な回収法

どうしても売掛金を回収することが難しい場合は、弁護士に相談しましょう。できる部分までは自分で解決したい、費用をあまりかけたくない、そう思われる経営者の方のお気持ちも分かりますが、程度によってはやはり、弁護士に相談した方が迅速に、簡単に解決する可能性が高くなります。弁護士を通すメリットとは、やはり弁護士を通すことによって、訴訟も辞さない覚悟であること、本気であること等、こちらの姿勢をアピールすることができますし、相手の出方も変わってくる場合もあります。一度甘い顔を見せると相手先はつけあがりますので、厳しく、第三者を立てることが有効な回収法となります。

あまり未回収を長引かせると、相手先が倒産して、全く回収ができずに自社の経営にも影響を与えることにもなりかねません。また、売掛金には有効期限が設けられています。ずるずると放おっておくと、いざ回収となった時に期限が消滅していたという事態に陥るかもしれませんので、売掛金回収ができていない相手先、未回収額等、きちんと管理しておきましょう。売掛金回収ができていないと、事業者が売上を得ることができず、健全な経営に支障が出てしまいます。深刻な事態になる前に、売掛金管理の見直しをしてみることをお勧めします。

売掛金回収漏れの防止

売掛金回収の漏れが生じる原因として、経営者、あるいは財務管理担当者が、各取引先の情報を把握していないことが挙げられます。いつまでに、いくらの代金を支払ってもらうのか、すぐにわかる状態ではない為に、請求や催促が遅れ、相手に付け入る隙を与えてしまいます。これらは経営者側にも問題があり、商売とは、売掛金回収が終了するまでが商売であり仕事であるという認識不足によって、引き起こされる現象と言ってよいでしょう。

まずは各取引先の情報、経営状況の把握をする為に、個々に台帳管理をするようにしましょう。信用調査をして、与信枠の設定をします。つまり、取引の限度額の設定の取り決めを行うことによって、支払い不能な取引は最初から行われない為、回収漏れの防止に繋がります。この信用調査は定期的に行い、都度取引に反映させるようにしましょう。

また、パソコンに会計ソフトを入れて売掛金の管理ができるようにしましょう。ぱっと見てわかるようにしておけば、遅れがちな取引先には前もって知らせることができますし、遅れた取引先には今後の取引について注意することができます。売掛金回収予防に大事なことは、いかに状況を把握できているかがポイントになります。

売掛金回収のポイント

取引相手からの入金が滞っている、期日を過ぎても支払う意志が感じられない等の売掛金回収ができていない、いわゆる「ツケ」が溜まっている取引相手は、商売をしていれば、どこの会社でも必ず存在します。売掛金とは、掛取引(商品やサービスの提供の対価をその場で払わず後日請求をして支払いを受ける取引のこと)において、販売した商品や製品に対する債権(支払いを受ける権利)のことを意味しています。

売掛金回収の回収はどこの会社も財務管理において大きな課題ではありますが、自身で解決するには難しい点も多々あります。まず支払いが遅れる理由としては、付き合いが長くなり過ぎて、取引相手に甘く見られている、見くびられているということが根本にあります。そのような相手では、こちらから電話やメールで催促をしても逆に難癖をつけられてしまうこともあります。その場合は、やはり専門家である弁護士に相談されると良いでしょう。

素人が自身で対応しようとすると、時間や労力ばかりを費やし、結果何も変わらないという可能性もありますが、弁護士は知識も豊富で、売掛金回収のポイントを心得ています。ここは少しの費用をかけてでも、回収に向けて適切な対応の為に、まずは弁護士に相談されることをお勧めします。専門家として、どんな取引相手でも出方を見ながら、効果的な方法やポイントを提示してくれることでしょう。その前に、まずは売掛金回収の漏れ防止対策を考えてみましょう。